ライフ

若年性認知症の原因や予防初期症状は?進行状況で無職になる可能性も

2025年には65歳以上の5人に1人は認知症を患うと言われています。ではまだまだ大丈夫と思ったあなた、働き盛りの40代~50代でも認知症にはなるのです。これを若年性認知症と言います。親の面倒を見なきゃと言う前に自分が先に認知症になる危険性もあるのです。

スポンサードリンク



若年性認知症とは


若年性認知症とは18歳以上、65歳未満で認知症の症状が出る場合の総称を言います。原因は解るものと解らないものがあり、2009年に公表した調査では、全国の患者数は約3万7,800人
毎年増え続けていますが、今現在の患者数は正確には把握出来ない状況にあります。

その原因はまさか認知症?と思っていないで受診しないケースや、高齢者の認知症は認識度が高いのですが、若年性認知症は認識が低い為、うつ病など何か違う病気と診断されるなど患者数が把握出来にくい状況が原因です。

若年性痴呆症の原因

脳血管性型とアルツハイマー型の2つが圧倒的に多いですが、前頭側頭葉型やレビー小体型、事故などで脳に損傷を受けたために起こる頭部外傷後遺症多量のアルコールを飲む事で脳が委縮するアルコール性の認知症があります脳血管性型とアルツハイマー型は解りますが、他の原因も見て行きましょう。

前頭側頭葉型

頭の前にある前頭葉と横にある側頭葉の委縮によって認知症が起こる。原因はアルツハイマーと同じで不明。アルツハイマーは側頭葉内側や頭頂葉の萎縮によって起こります。初めに現れる症状は、他人に配慮することができないとか、周りの状況に関係なく自分が思った通り行動してしまう、性格変化や行動異常であって、物忘れの症状はありません。

レビー小体型

1990年代の後半になって知られるようになった新しい病気で、原因はこれも不明です。精神系の症状を発症します。

  • 認知機能の変動・・・解る時と解らない時が入り混じる
  • 幻視・・・見えないものが見える。夜に多い。幻覚・幻聴もあり
  • パーキンソン症状・・・体や表情が硬くなる、手足の振るえ・しびれ・突進して止まれなくなるなどの症状

若年性痴呆症の予防

現在、若年性認知症の発症の原因は生活習慣にあると考えられており、実際に初期症状の人の生活習慣を変えることで症状に改善が見られるケースもあります。若年性認知症にならない為にも、どんな事に気をつけて生活すればいいのでしょうか?

塩分をとりすぎない

塩分のとりすぎは高血圧になりやすいですが、高血圧が脳血管性認知症の危険因子になります

糖質をとりすぎない

糖尿病になると、脳動脈硬化が起こりやすくなります。

肥満にならない

肥満は高血糖、高血圧、脂質異常など認知症の危険因子となりうる要素がある為、気をつけなければなりません。

30代の肥満の人が痩せている人に対して若年性認知症になる発症リスクは3.5倍です。40代では1.7倍、50代では1.5倍なので、若い世代の肥満には注意が必要です。

動物性脂肪をとりすぎない

動物性脂肪のとりすぎは高血圧や動脈硬化につながる

よく噛んで食べる

噛むと脳がよく刺激され、認知症が起きにくくなる。

喫煙・飲酒を控える

喫煙者の認知症リスクの高さは1日11~40本の喫煙者と非喫煙者を比較すると約1.4倍、1日40本以上の喫煙の場合は2.1倍リスクが高まり、アルコールの大量摂取は脳の萎縮を招きやすいが、1週間に350mlのビールを1~6本程度は全く飲まない人より、認知症の可能性が低くなります。しかし飲みすぎはやはりダメです。

コミュニケーションをとる

人との会話は脳に刺激を与え、活性化させる効果があります。

睡眠時間をしっかりとる

睡眠時間が短いと、認知機能が下がります。認知症予防のためには、7~8時間程度の睡眠が良いとされています。

有酸素運動をし、青魚・野菜と採る

脳の活性化にミネラルやビタミンは不可欠な事で野菜を摂取し、血流を改善する効果として青魚が良いのです。

上記の様に、普段気になっている事が、若年性痴呆症になるリスクを増やします。これから増え続ける若年性痴呆症ですが、少しずつでも気をつけて改善していかなければ、発症する可能性もあるのです。

スポンサードリンク



若年性痴呆症の症状

まずは初期に記憶障害や見当識障害が起こります。記憶障害では物忘れが見られ、仕事やプライベートで大事な予定を忘れてしまう場合があります。ただの物忘れではなく、予定を組んだ事自体を忘れているので思い出せないそんな状態になります。

酷くなると過去の事や体験した記憶、身体で覚えた記憶なども失われて行きます。見当識障害では、日にちや、自分がいる場所がどこかわからなくなり、今日がいつなのか、なんで自分がここに居るのかが解らないなどの症状が出て来ます。こちらも酷くなると、迷子、徘徊、トイレが解らなくなり失敗する等の状態になります。

若年性痴呆症を発症すると8割が職を失う

これは2014年の調査ですが、18~64歳の若年性認知症患者2,129人の調査結果があります。年齢層は61~64歳が1,208人でもっとも多く56~60歳が547人。発病年齢は平均で約51歳。性別は男性1,200人、女性922人。男性の方が多くなっているのも特徴です。発症時に仕事をしていたのは57.7%で、うち正社員が31.3%、非常勤・パートが10.4%、自営業が7.8%契約社員などが
4.2%。この内自ら退職したのは66.1%、解雇されたのは7.7%、休職を含めると全体で78.3%が失職。

若年性認知症発症で生活が苦しくなる現実

発症が男性が多い事から、家計を支える世代が認知症になると、一気に生活が苦しくなる現実があり、家族が働いて家計を支えるか、障害年金や生活保護に頼るしかない現実です。仮に女性が若年性認知症になっても、大黒柱の男性がなっていないから安心か?と言えば違い、知症の介護が問題になってくると、仕事どころではなくなる可能性もあります。

そうなると仕事を続けられないかも知れない現実も待っている。どちらがなっても問題の壁は大きい。現に若年性認知症になった家族の4割が家計はかなり苦しいと言う結果になっている。またこの世代で職を失う、新に職を探すとなるとかなり困難だ。

若年性痴呆症の保険の利用

40歳になったら義務付けられる介護保険。こちらが給与から引かれていると思う。これを活用して欲しい。こんな時の為の介護保険を給与から掛けているのだから。40歳以上は介護保険を利用でき、傷病手当金を受けられ、条件を満たしていれば障害年金も受けられる。この事を意外に知らない人が多いと言う。これは忘れずに覚えておいて欲しい。利用出来る制度は利用し少しでも精神的・金銭的不安を取り除けた方が絶対にいいと思う。

最後に

2025年には65歳以上の5人に1人は発症すると言われている認知症ですが、若い時からの心掛けで減らせるリスクもあります。これからどんどん増えて行く認知症、半数は原因不明から発症してしまいます。治る薬もまだまだ先です。これを抑える為には、本当に若い頃からの小さな身体への思いやりが一番の薬なのかも知れません。

スポンサードリンク



関連記事

  1. カゴメピカチュウ寝袋景品 カゴメケチャップのピカチュウキャンペーン応募条件や締切応募方法は…
  2. 賃貸派持ち家派 賃貸派と持ち家派のメリットデメリット老後を考えるとどちらが安心?…
  3. 使い捨てカイロ長持ち 使い捨てカイロを長持ちさせる方法と脱臭剤や園芸に再利用する方法
  4. ファッションレンタルサービス ファッションレンタルサービスが評判いい!比較とメリットデメリット…
  5. メレンゲ作り方 メレンゲの作り方やコツは簡単な裏技で道具や手動でも失敗なし
  6. 風邪インフルエンザ インフルエンザ警戒レベルの基準とは?予防接種は今からでも間に合う…
  7. ツナ缶油利用 ツナ缶油利用法!ご飯が炊けランプにもなりその後は食べられる裏技
  8. 入学祝い 入学祝い小学校の姪っ子甥っ子の相場は?友人の子供にも必要?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP