美容健康

重曹洗顔のデメリットは?シミやニキビ毛穴に効果がある使い方は?

重曹洗顔が人気のようですね。一体何故重曹洗顔が人気なのでしょうか?また人気の裏側で重曹洗顔をおすすめしていないサイトも沢山ありますが、重曹洗顔のデメリットとは何なのでしょうか?

重曹洗顔はシミの解消やニキビや毛穴に効果的だと言われていますが、本当なのでしょうか?その正しい使い方についてお届けします。

スポンサードリンク



重曹洗顔のデメリットは?

重曹洗顔デメリットや効果
重曹洗顔が人気ですね。でも余り良くない噂も多いのも事実。そんな重曹洗顔のデメリットとは何なのでしょうか?重曹洗顔のデメリットは3つあり、

1,洗浄力が強いため、使いすぎると乾燥肌に
2,粒子が荒い為、こすってしまうとスクラブ効果となり肌にダメージあり
3,時間を置きすぎると、必要な皮脂まで奪ってしまい逆効果

と言う事が重曹洗顔のデメリットになります。

重曹は元々荒い粒子を利用し粒子の摩擦で洗剤として利用している為、肌をこすってしまうと鍋と同じ様にクレンザーで肌を洗っている事になってしまうのです。
そうなると肌は傷だらけになり、角質層はボロボロ、化粧水なども浸透しにくくなりますし、洗浄力が強いぶん汚れは取りますが、必要な皮脂なども取ってしまい結果肌が乾燥してしまいます。

こんな理由から効果はあるものの、使い方を間違うと逆に肌には良くないので、おすすめされない理由やデメリットと言う結果に繋がっています。でもちゃんとした使い方をすれば、元々重曹が持っている力を使って効果は発揮します。

重曹洗顔の効果とは?

重曹洗顔が発揮する効果は、主に

1,たんぱく質を分解する力で肌の古い角質や角栓の除去
2,強い洗浄力で、毛穴の汚れを除去
3,角質を除去する事でピーリング効果

の3つが上げられます。

重曹はたんぱく質を分解する成分があるため、通常の洗顔石けんでは除去出来ないたんぱく質を落とす事が出来ます。肌のたんぱく質は毛穴が詰まる原因となっている角質や角栓で、これを除去する事で毛穴の詰まりや黒ずみを解消します。

多くの人が角栓や角質は皮脂が原因だと思っていますがたんぱく質なのです。その為たんぱく質を除去する成分で洗顔をしないと角質や角栓は取れません。重曹洗顔はこの角質や角栓を取る事が出来ます

角質や角栓が取れると肌のくすみが無くなり、またターンオーバーを促進します。ターンオーバーが促進されると新陳代謝が上がりアンチエンジングとしても期待が出来るのです。

そして元々洗剤で使用している為、洗浄力が強くこれによって毛穴の詰まりや皮脂を洗い流します。そうする事で重曹洗顔をした後は、化粧水や美容液が浸透し易い肌に変わります。

この様な効果がある事から、シミやニキビ、毛穴トラブルに効果があると言われていますが、どんな使い方をすれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク



重曹洗顔のシミやニキビ毛穴に効果がある使い方は?

重曹洗顔の効果を利用して、シミやニキビ、毛穴の黒ずみや詰まりに効果がある使い方ですが、

1,いつも使っている洗顔石けんを泡立て小さじ1杯位の重曹を混ぜる
2,絶対に擦らず肌に泡を乗せるだけ、そんな気持ちで泡を乗せる
3,時間は1分置いたら、ぬるま湯で20回はすすぐ
4,直ぐに保湿効果の高い化粧水や美容液で保湿をし、5分待ってから乳液を塗る
5,使用頻度は1週間に1度

を守ってください。間違っても絶対に擦らないでくださいね。また重曹のみを水で溶いてパックの様にして使う時も肌は絶対に擦らないで時間は1分ですすぐ事。1分でも長い様なら時間はもっと短くすること。

また使った後に肌がピリピリした場合は、肌が重曹の洗浄力に負けていますので、使わない方が無難です。あなたの肌にはキツすぎるのです。

この様な事を守って使うと、重曹の持つ洗浄力でニキビの予防をし毛穴の黒ずみや詰まりをしっかり洗い、ピーリング効果でターンオーバーを促進することで、メラニンの沈着を解消し、重曹で洗った後は化粧水等が染み込みやすくなる為に、美白用の美容液等を使うことでシミへの効果を発揮します。

また毛穴の汚れ等の効果が出る目安は1~2ヶ月シミへの効果はターンオーバーの期間によって違いますが、通常20代が28日とすると20代以降は年齢✕1.5倍の期間が必要になりますので、それまでは続けてみる事をオススメします。30代なら45日~、40代なら60日~です。

ただ重曹のデメリットでお伝えした様に、間違った方法使用すると逆効果です。その為余りおすすめはしませんがきちんと使用すれば効果は期待できます。
また重曹洗顔が人気の理由に、重曹が直ぐに手に入る上、安いからと言う理由があります。

効果がある上に安い!と言う理由で人気が出た様ですが、正しい使い方を知らずに使ってしまうと逆効果となり肌がボロボロになりますので、気をつけて使ってくださいね。

スポンサードリンク



関連記事

  1. 化粧水コットンと手 化粧水はコットンと手で染み込ませるのが保湿の秘訣
  2. スキンケア順番夜 スキンケアの順番夜編オイルとパックの順番は?正しい方法で保湿UP…
  3. ミネラルファンデ危険 ミネラルファンデーションとは何?危険な成分を含んでいるの?2
  4. 肌荒れフラビアマスク フラビアマスクの使い方や口コミは?乾燥や毛穴を解消!今なら返金保…
  5. 泡洗顔泡立器 洗顔泡立て方のコツは?100均のネットより泡立器が◎固形もOK!…
  6. 洗顔と保湿効果 朝おすすめの正しい洗顔方法と赤ちゃんの朝の洗顔方法美肌作りのスキ…
  7. 柿の葉茶 柿の葉茶の効能と副作用は?妊婦さんにも安心なお茶
  8. メガネ拭き洗顔毛穴効果 メガネ拭き洗顔の効果は?毛穴の黒ずみや角栓詰まりの汚れが取れる?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP