旅行・イベント

クリスマスにチキンを食べる理由は意外な事が始まりだった

クリスマスにはケンタッキー。12月に入るとこのフレーズと赤と緑やネオンでウキウキ気分になりますよね。でもクリスマスにケンタッキーでは無くてもチキンを食べるのは、いつから始まり何故チキン、チキンとコンビニでもモスバーガーでもクリスマスにはチキンを食べるのが当たり前の様になっているのでしょう?

今回はクリスマスにチキンを食べる理由を調べてみました。

スポンサードリンク



クリスマスにチキンを食べる理由は?

クリスマスにチキンを食べる理由
クリスマスにチキンを食べる理由ですが、やはりこれには仕掛けがあり日本のケンタッキーがまだクリスマスが定着していなかった頃に、アメリカではクリスマスにチキンを食べるんですかの問いに「はい食べます」と答えだからクリスマスにはケンタッキー!と宣伝した事が始まりです。

事の発端は1,970年代に日本にいた外国人がクリスマスに七面鳥を食べようと探したのですが見つからず、馴染みのあるケンタッキーで仕方が無いのでチキンを購入。それをケンタッキーの社長が知り、そうだ!クリスマスにはチキンだとピンと来たそうです。

そしてTVインタビューされた際に本来はクリスマスにアメリカではチキンは食べないのですが、はい食べますと言ったそう。そう答えたのはこのインタビューのみだったのですが、そこからクリスマスにはチキン!だとかケンタッキー!と認知がジワジワ広がり、今に至るそうです。時を経た凄い拡散ですよね。

勿論アメリカではクリスマスにケンタッキーなんか食べませんし、チキンも食べません。ハムやマッシュホテト、クッキー等が主流で、クリスマスは家族でいい時間を過ごすと言うスタンスです。よく言われている七面鳥も感謝祭の時に食べるそう。

当時の日本はクリスマスの知識なんてありませんから、最初は七面鳥を食べると思っていたそうです。しかし七面鳥は高価でなかなか手に入らない。七面鳥を焼く為のオーブンが普及していない。その為クリスマスに七面鳥を食べるのはとても面倒だと思っていたのですね。だから余りクリスマスも浸透していませんでした。

でもチキン=鶏肉なら何処にでも手に入るし安い。レパートリーも唐揚げを始め照り焼きチキン、九州などではチキン南蛮など家族の好みのメニューな上にちょっと豪華感も感じられるので、クリスマスには七面鳥では無くてチキンを食べるんだ!と言う事がすんなり受け入れられたんですね。

ではそんな日本にいつ頃クリスマスと言う言葉が入って来たのでしょうか?

スポンサードリンク



クリスマスが日本に伝わった時期はいつ?

クリスマスが日本に伝わったのは、フランシスコ・ザビエルが黒船で訪れた1552年。1552年と言えば戦国時代です。成程日本にクリスマスは浸透しませんね。まだ武士が刀を持って、女性は着物を来ていた時代です。

しかし意外と早くにクリスマスは伝わっていたのですね。ザビエルがクリスマスにミサを開いたのが始まりでした。しかし江戸幕府が1612年に禁教令(キリスト教禁止令)を発令した事で一旦日本からクリスマスは消えてしまいます。に禁教令が解かれたのが1873年( 明治6年 )そしてクリスマスが復活したのです。

が、まだクリスマスと言う言葉は聞いた事があるけれど、何それ?と言う状態でした。そして1904年に銀座の「明治屋」が商業用のディスプレイとして初めて
クリスマスツリーを店頭に飾った事で大きな話題を呼び、そこからクリスマスってこう言うもの!と言う認識が広がって行ったのです。

更に1910年には不二家がクリスマスケーキを販売。クリスマスにはケーキでお祝い!も便乗しました。そしてデパートやホテルでクリスマスの装飾やプレゼントの販売が始まり、日本中に徐々に広まっていきましたが、その頃はまだ七面鳥説が流れていた時代でした。

しかし第二次大戦が始まりまたまたクリスマスは下火に。3度めの正直でやっと戦後の1950年後半より再び、日本ではアメリカの様な宗教的な意味合いではなく、イベントとして行われるようになり国民的行事として定着していきました。

そしてケンタッキーがクリスマスにはチキン!を打ち出したのもクリスマスを家庭でお祝いする事に定着しだした1970年代の時期。チキンならいいじゃない!美味しいし家で簡単に調理出来るし!と一気にクリスマスにチキン説は広まりました。

クリスマスにチキンを食べる理由は、七面鳥が高くてどうしよう、面倒!と思っている所に、ケンタッキーがいやいやクリスマスにはアメリカはチキンを食べているんですよ!との1言で、今で言うならtwitterで拡散された感じです。

そのお陰か日本のケンタッキーはクリスマスの23日~25日の3日間のみで約55億円を売り上げるそうです。たった3日でですよ!これはケンタッキーの年間売上の1割に当たる金額。本当に戦略が見事に的中すると凄いことになるんですね。

因みにアメリカのケンタッキーはクリスマスは年間で1番悪い売上になるそうです。アメリカから見れば日本がクリスマスにケンタッキーをこぞって買って食べている姿が不思議で仕方が無いんだとか。面白いものですね。そして家チキンのクリスマスメニューは、からあげとちらし寿司を作る家庭が多いそうです。クリスマスに家でチキン?それともケンタッキー派?今年のクリスマスはどちらにしましょうか?

スポンサードリンク



関連記事

  1. 端午の節句 初節句とは?鎧兜の由来と男の子の端午の節句の流行りや衣装は
  2. 河津桜まつり 河津桜まつりの見頃と電車でのアクセスや無料駐車場情報
  3. 潮干狩り 潮干狩りの持ち物は100ダイソーで!便利グッズなどのリスト
  4. 燃油サーチャージ代 燃油サーチャージ2017金額と国内は?ハワイ台湾タイなど全線復活…
  5. 七五三 七五三とは2017はいつ?早生まれは?着物の購入とレンタルの比較…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP