美容健康

ミネラルファンデーションとは何?危険な成分を含んでいるの?1

ここ10年位前から人気が出来てきたミネラルファンデーション。洗顔だけで落とせるとあり肌に優しいと人気の様です。しかし一方で危険な成分を含んでいるとのサイトも多くみられ、一体んどんなファンデーションなの?と思ってしまいますよね。

今回はミネラルファンデーションとはどんなもので、どんな危険成分を含んでいるのかをお届けします。

Sponsored Link



ミネラルファンデーションとは何?

ミネラルファンデとは何

ミネラルファンデーションとは何なの?普通のファンデーションと比べて何が違うの?と思ってしまいますが、ミネラルファンデーションは成分に鉱物(ミネラル)を含んだファンデーションで、元々は手術の傷跡に悩む女性の為に作られたファンデでした。その為傷跡などの肌に優しいことを条件に作らたのです。それがセレブの間に広まり、美容用にブレイクしたものが今のミネラルファンデーションになります。

ミネラルファンデーションに含まれるミネラルの成分は、マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄が主な成分です。そしてコレ以外に合成着色料、タルク、賦形剤、鉱物油、合成香料が含まれているものは、ミネラルファンデーションとは言えないと言う規定が開発元のアメリカのDIANE RANGERが唱えています。

ミネラルは健康的な食事にも取り入れられる様に、亜鉛や鉄などの鉱物なので人の体内では作られず、食物などから取り入れる必要があるのですが、ファンデーションに使われるミネラルは鉱物の特色を利用して作っているので食用ではありません。

しかしミネラルだけで作られ、普通のファンデの様に添加物などを加えていない事から、肌にも優しいと言われているのです。

Sponsored Link



ミネラルファンデーションの性質と規定

ミネラルファンデは添加物が含まれておらず、洗顔だけでも落とせるため化粧落ちやしすいと言う欠点があります。普通のファンデが肌に均一に伸びたり、落ちにくかったりする訳は、色々な添加物が含まれていて、その効果で化粧崩れしにくかったり、カバー力があったりする訳です。

それが無いミネラルファンデーションは、ベースの肌がキレイでパウダーをはたくだけでOKのメイクに近い感覚です。それをカバーする為にミネラルファンデーションもリキッドタイプのものや、スティックタイプのもの、クリームタイプのものもあるのですが、その分添加物を入れないとその様なしっかり肌に付くファンデにはなりませんので、肌に優しいと言う効果は粉タイプのミネラルファンデーションより劣ります。

添加物が絶対に肌によくないと言う訳ではありませんが、やはり多少成り肌に刺激を与える事と、クレンジングで落とす際にクレンジング剤が更に肌に刺激になる為、悪役の様に言われていますが、きちんとしたケアやクレンジングをしていれば日本製なら問題ない程度だと思います。

しかし日本製でも中にはミネラルファンデーションといいつつ、クレンジングで落とさなければ落ちないものもありますので、それなら普通のファンデと変わらないなと思うものも出ていますから注意が必要です。

またミネラルファンデーションが、危険と言われているもう1つの理由に、日本でミネラルファンデーションと謳って販売出来る条件が、ミネラルが入っていれば他の成分はどんなものが入っていてもOKと言う微妙な規定があるからです。

ミネラルが入っていれば、その量なども規定されておらず、悪質な製品はほんの少ししかミネラルが入っていなくても、ミネラルファンデーションと言う名で売られているものもあるため、信頼出来る大手で購入したほうが、少しは安心かなと思います。

では、ミネラルファンデーションの成分で危険と言われている成分は何なのか?それはなぜなのかを見て行きますね。

ミネラルファンデーションの危険性に続く

Sponsored Link



関連記事

  1. 毛穴の黒ずみ除去する洗顔 毛穴をなくす洗顔方法で黒ずみケアして除去していこう
  2. 肌荒れ乾燥ストレス 肌荒れや乾燥はストレスから?食べ物やビタミンで改善や防止対策を
  3. 化粧水コットンと手 化粧水はコットンと手で染み込ませるのが保湿の秘訣
  4. クレイ洗顔効果 クレイ洗顔の効果は種類で違い保湿も必要
  5. 肌質診断はどこ 肌質診断はどこでチェック?無料のカウンターやアプリで肌質改善し美…
  6. 柿の葉茶 柿の葉茶が花粉症に効く!味や口コミを調査!
  7. 毛穴ケア綿棒とオイル 毛穴ケアで綿棒とオイルを使えば毛穴の黒ずみと角栓が取れる?その効…
  8. 肌の乾燥を防ぐオイル 身体の乾燥を防ぐにはベビーオイルは効果的か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP