仕事・社会

小学8年生って何?内容や価格発売時期は?付録付きで大人も楽しめる雑誌が話題!

小学8年生??と一瞬間違いじゃ無いの?と目を疑ってしまうような題名の雑誌。でもこれであっているんです。小学館が15日に発売する小学生向けの雑誌の名前なんです。

大人も楽しめる内容に仕上がっている雑誌なので、お子さんと一緒に楽しんで読めると期待。一体どんな雑誌なのでしょうか?

スポンサードリンク



小学8年生って何?どんな内容の雑誌

雑誌

あなたは小学館から発売されていた、小学1年生と言う雑誌を小学生の頃買って貰った記憶はありますか??その小学館から出版されていた小学◯年生シリーズは、1年生から6年生まで学年毎に雑誌が出ており、その学年に適した内容の話題や勉強問題集が1冊の雑誌になっていました。

昔は自分の学年の雑誌を買う人が多かったのですが、しかし今はもうその雑誌を買う人がおらず、かろうじて小学1年生だけは生き残っている、そんな状態だったのです。

そこで考え出されたのが、小学2年生から6年生までの学生が読んでも、楽しいなと思わせる学校の中や外の話題を詰め込んだ雑誌
小学8年生。大人が読んでも楽しめる内容になっています。

どんな内容かと言うと有名人物伝の漫画。1号はドナルド・トランプ特集。また有名アスリートのインタビュー。憧れの仕事はどんな事をやっている?校長先生はどんな仕事を毎日している?など、子供も興味が持てますが、大人が読んでもおもしろそうですね。

小学校の中の出来事、気になる事や疑問に加え、今流行りの人を漫画で読む伝記、話題になっている事などがメインの内容になっています。

小学8年生の付録や価格発売時期は?

小学8年生付録

また大人でも気になるのが付録。第1号の付録はチョーク粘土と黒板消し、ノート黒板。これは「君の名は。」のワンシーンを黒板アートで再現してネットで話題になった高校の美術教師に取材し、黒板アートの書き方のコツを紹介した上での付録。

子供も喜ぶが大人でも使えそうな付録です。気になる値段は定価980円。次回発売は5月中旬子供と一緒に読んでみる価値はありそう。

子供が小学生で内容が気になるあなたは一度購入してみては?

スポンサードリンク



小学8年生って何?内容や価格発売時期は?付録付きで大人も楽しめる雑誌が話題のまとめや感想

今はネットで何でも情報が入る時代。漫画もネットで読めてしまいますよね。それに伴って消えていく雑誌。この小学8年生もそうですが、
1つの雑誌を作るのに掛かる時間は、物凄いものなんだろうと感じます。

しかしそこの需要がなければ廃れてしまう雑誌の現状。小学校だけに特化してしまうと内容が狭まり続いていかなくなりますが、そこをアイデアで乗り越え、続けて行く雑誌に仕上げる大変さが身にしみました。

大人も気になる付録もついているので、一度本屋で目に止まったら手に取って見ては如何でしょうか。

スポンサードリンク



関連記事

  1. 宅配 ドンキホーテの宅配のサービス内容や時期アマゾンとの比較
  2. マリカー 株式会社マリカーってどんな会社?サービス内容や画像コメントなど
  3. 高木紀和祖母結婚式プロジェクト 高木紀和の祖母を結婚式に出席させるハグプロジェクトが感動!
  4. VXガス VXガスとは?症状や痛み致死量等金正男死因の本原因?
  5. コンビニ セブンイレブン罰金店舗は武蔵野市の何処?場所やシステム労働違反事…
  6. ダイヨ折り紙 折り紙会社大與紙工の倒産理由や商品画像は?他の折り紙会社は?ネッ…
  7. 遠藤要違法賭博 遠藤要の違法賭博を目的とした遊技場ってどこ?何故違法になるの?
  8. 誰? GACKTの元愛人Aさんと事務所社長Hとは誰?首吊りの後遺症はど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP