ライフ

たけのこの茹で方とあく抜きして保存する方法で春を満喫

たけのこと言えば春ですね。食べたい!と思ってもたけのこって茹でたりあく抜きしたりが結構大変です。しかも何回もしたくないので一気に茹でて保存したけのこ三昧を満喫したいものです。

今回はたけのこの茹で方と簡単にあく抜き出来る方法、それを保存する方法をお届けします。冷凍保存も出来ますので多ければ取って置いて、チンジャオロースや炊き込みご飯、春巻きの具などに使うと当分はたけのこを美味しく食べる事が出来ますよ。レッツトライ!

スポンサードリンク



たけのこの茹で方

たけのこ茹で方
たけのこの茹で方は、皮付きのまま茹でるのが原則。なぜなら美味しさが逃げてしまうからと色が白くてキレイに茹で上がるから。でも大きな鍋が無い時は旨味が逃げてしまいますが、アクはその分抜けやすくなるので、半分に切ってもOK。色も凄く変る訳では無いので気にしなければOK。ではたけのこの茹で方です。

1.たけのこを洗い汚れを落とし、皮を3枚くらい剥いで、根っこのポツポツした部分をそぎ落とす。

2・たけのこの先を5cm位斜めにカットして落とす。

3・火の通りを良くし剥きやすくする為、たけのこの縦部分に深さ1センチくらいの切り込みを入れる。

4.鍋にたけのことたっぷりの水、大さじ3杯の米ぬかを入れて火にかける。

5・たけのこが浮かないように落としぶたをし、沸騰したら弱火にして1時間程ゆでる。

6.たけのこの根っこ部分に竹串を差して、柔らかくなっていれば火を止める。

7・そのままゆで汁につけておき半日~1日置いておき、皮をむいてぬかを洗い流し保存します。

とたけのこが入る大きめの鍋が必要な事と米ぬかが手に入るかどうか?直ぐに調理出来ない等がネックになりますが、米ぬかはお米をといだ時に出る水で代用出来ますし、旨味は逃げてしまうものの、重曹でも代用できますよ。そして大きな鍋で茹でたにも関わらず、皮をむくと1/3位の大きさです。とこれが通常の茹で方。

次の茹で方は、大きな鍋がない、1時間も茹でてられない。処理した日にたけのこを食べたいなと思った場合の別の茹で方です。

たけのこの茹で方その2

たけのこの茹で方を調べて、大きな鍋がない・・・1日も置くなんて結構面倒だなと思った人は多いハズ。そんな人の為に、大きな鍋で無くても大丈夫な茹で方をお届けします。

1、大根を1/3位の大きさに切りおろし、絞り汁を200CC程作ります。

2、大きめのボールなどに1で作った200CCの絞り汁に200CCの水を入れ皮を剥き適当に切った生のたけのこを漬けます。

3、そこに塩小さじ1弱を加えます。塩を加える事で筍のアクが出やすくなるのです。
4、そのまま1,2時間漬けておきます
5、このまま料理に使うなら浸けたものを1分〜2分ほど茹でるだけでOK。

この茹で方は、あく抜きして直ぐに料理に使いたい時や、大きな鍋がない。1時間ずっと茹でているのは嫌だし、折角茹でたのに当日使えないじゃないと思った時に使える方法です。また料理に使う大きさに切っておくとそのまま使えて便利ですよね。

また全部を使わない時は、大根おろしの水に漬けたままなら、生のままで1日は冷蔵庫で保存できます。でもそれ以上保存する場合は、数分ゆでたものを水と一緒にポリ袋かタッパーに入れて冷蔵庫で保存してください。毎日水を替えてあげれば、1週間保存が可能ですよ。

たけのこのあく抜き

新鮮なたけのこは、あく抜きしなくてもエグみはないのですが、通常お店に並んでいるたけのこは時間が経っており茹でるとエグみが出て、美味しく食べる事が出来ません。その為たけのこはあく抜きが必要なのですが、通常は米ぬかがおすすめです、しかし無い場合はお米のとぎ汁で代用し、それもない場合はお米(無洗米でもOK)をたけのこ500gに対して大さじ3杯鍋に入れてください。

また旨味や風味の流出を防ぐ場合は米のとぎ汁と重曹を入れると◎。重曹は入れすぎるとマズくなる上、色が茶色っぽくなるので、1リットルの水に対して小さじ1杯程度の割合で重曹を入れてくださいね。

因みに上記の方法で茹でたたけのこの色が白くてキレイな順は、
大根おろし>米ぬか>重曹 の順です。では最後に茹でた後の保存方法です。

スポンサードリンク



たけのこのの保存方法

やっと茹で上がったたけのこ。1日で使い切れるなら良いですが、そうもいかないもの。そんな時の保存方法です。たけのこは置いておくとエグみや鮮度が落ちるため、買って来たり貰ったら直ぐに茹でて処理した方が良いのですが、直ぐに沢山使いませんよね。

たけのこの保存方法は、茹でた筍を水に浸けての保存が一般的。タッパーやビニール袋に入れ毎日水を変えて冷蔵庫で1週間程度保存できます。しかし毎日水を変える必要があります。1週間持つと言われていますが早めに使った方が無難です。水を変え忘れると傷みが早くなりますし、冷蔵庫がパンパンだと冷えが悪くて傷みが早くなってしまいます。私も水替えを忘れて一度ダメにしたことがあります。

直ぐ使わない、忘れそう、そんな時は、冷凍保存も可能ですが、炒め物やタケノコご飯、汁物の具など向きです。方法は

1,薄くスライスするか、千切りにする。
2,水気をしっかりと取る
3,フリーザーバッグに入れて冷凍保存。

この場合は解凍せずに調理が可能。若竹煮などを作ってその後、使いそうも無いし水替えも面倒だなと思ったら、冷凍保存が便利です。

更に冷凍では無く、干す方法もあります。期間は1年程持ちます。

1,たけのこを薄くスライスします。
2,ザルなどにたけのこ同士が重ならないように並べて天日干しします。
3,目安として2~3日程度カラカラになるまで乾燥したら完成。
4,保存は密閉できる容器に乾燥剤と一緒に入れて冷暗所に保存。
5,使う時は水に1時間程度浸けてから一度洗い使います。

1番は茹でた後早く使い切る事ですが、そうも出来ない場合はこの様な保存方法もありますので試してくださいね。冷蔵庫での水替えの保存は結構面倒で忘れてダメにしてしまう可能性大なのです。
でも春の訪れを感じさせるたけのこ。一度チャレンジしてみてくださいね!

スポンサードリンク



関連記事

  1. バレンタインのプレゼント40代の予算や相場と欲しい物の人気商品は…
  2. ツナ缶油利用 ツナ缶油利用法!ご飯が炊けランプにもなりその後は食べられる裏技
  3. 車 ガソリン代はどうやって決まる?地域差は何故あり高い地域はどこ?
  4. 魚焼きグリル使い方掃除片栗粉 魚焼きグリルの使い方!掃除は水と片栗粉や重曹で簡単に臭いもスッキ…
  5. メレンゲ作り方 メレンゲの作り方やコツは簡単な裏技で道具や手動でも失敗なし
  6. 入学祝い 入学祝い小学校の姪っ子甥っ子の相場は?友人の子供にも必要?
  7. ファッションレンタルサービス ファッションレンタルサービスが評判いい!比較とメリットデメリット…
  8. 使い捨てカイロ長持ち 使い捨てカイロを長持ちさせる方法と脱臭剤や園芸に再利用する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP