美容健康

ターンオーバー促進方法で肌を10歳若返らせる秘訣

お肌のターンオーバーが乱れると、肌にくすみやしみ、そばかす、毛穴の詰まり、ニキビ、乾燥肌や敏感肌、肌の免疫低下など様々なトラブルが発生し健康的でない肌が出来てしまいます。

ターンオーバーがしっかり出来ている肌は、保湿が行き届きくすみも肌トラブルも少なく、生き生きしているからか年齢を重ねる事に10歳は若くみられる傾向があります。しかし年齢と共に遅くなり、ほっておくと肌がどんどん老けて見えるターンオーバートラブル。

やり方を間違うとターンオーバーが逆に早くなり過ぎて逆効果になる事も。あなたも正しくターンオーバーを促進する方法で、肌が10歳は若くみえる生き生きした肌を作ってみませんか?

スポンサードリンク



ターンオーバーとは?

ターンオーバー促進方法
ターンオーバーとは、肌の古い細胞が新しく細胞に生まれ変わる事。これによりシミの原因になる細胞などが剥がれ落ち、新しい細胞と入れ替わるまでは死んだ細胞からセラミドが放出され、天然保湿因子NMFに変わる事で表皮のバリア機能となり最後まで肌を守ってくれているのです。

通常は新しく出来た細胞が14日掛けて角質層まで上がって行き、そこから剥がれ落ちるまでもう14日、合計28日で肌の細胞は入れ替わると言われています。しかしこれは20代の話。30代以上は自分の年齢にプラス10歳足した年齢位は、ターンオーバーに掛かる周期が必要です。

その為、年齢が上がるに連れて周期が遅くなったり、キレイになりたいと焦る余り洗顔をしすぎたり刺激を与えすぎたりし、肌のバリアが剥がれてしまう事でターンオーバーが早くなったりすると、細胞の入れ替わりが上手くいかず、垢として落ちず肌に残ったままの状態となり、シミになってしまったり、肌が古い細胞が残る事でくすんだり暗くみえたり、バリア機能が壊れて乾燥肌や敏感肌になるのです。

ターンオーバーを促進し肌をキレイにするには?

ターンオーバーの周期がくるう理由は2つあり、まずターンオーバーが遅くなる理由は

1,新陳代謝の低下など年齢によるもの
2,生活習慣から来るもの(ストレス・睡眠不足・栄養の偏り・運動不足など)
3,タバコによる血行不良によるもの
4,紫外線のケア不足によるもの

があり、ターンオーバーが遅くなる事で現れる主な症状は、落ちる筈の角質が長期間肌に残ったままとなり、くすみ、シミ、毛穴の詰まり、ニキビが出来るなどの症状が現れます。
またターンオーバーが早くなる理由は

1,洗顔剤が肌に合わずキツイなど、肌に刺激を与えている
2,ピーリングのし過ぎ
3,肌をこするなど刺激が多い

などがあります。ターンオーバーが早くなった方が肌の細胞の入れ替わりが多くなってキレイになりそうだしいいのでは?と考えてしまいますが、肌の細胞が角質層まで来てそこから剥がれ落ちる際に、細胞のセラミドがバリアとなって新しい細胞が来るまで守ってくれているのですが、ターンオーバーが早いとそのバリアを取ってしまい肌が無防備になるのです。

傷をした時に自然にカサブタが取れると跡はキレイですが、先に取ってしまうと、傷跡から血が出たり肌が突っ張ったりしますよね。あれと同じ様な感じです。洗顔やピーリング、過度の刺激などで肌を守っているバリアを取ってしまうと、乾燥肌、免疫力が無くなり敏感肌、乾燥から発生するニキビ、毛穴のトラブルが発生します。

ではターンオーバーを促進し肌をきれいにするには、どうすればいいのかと言うと

スポンサードリンク



ターンオーバー促進方法で肌を10歳若返らせる秘訣

ターンオーバーをきちんと周期的に起こす事で、肌のくすみ、シミ、ニキビや毛穴のトラブル、乾燥肌を防ぎますので、結果健康的な肌になって来ます。またターンオーバーは新陳代謝と関係がある為、生活習慣が安定するとやはり肌も心も元気になって来ます。ではターンオーバーを促進する方法ですが

1,規則正しい生活習慣を心掛け新陳代謝を高める
2,タバコは控える
3,紫外線で肌がやられてしまうのでケアをする
4,きちんと保湿をする
5、適度にピーリングを行う

の5つを心掛ける事で、ターンオーバーが促進され潤い透明感のある肌に変わって来ます。肌はトラブルが無く保湿が出来ていると見た目マイナス10歳など簡単に見えてしまうものです。が反対に保湿力が低くカサカサでニキビや毛穴が広がっていると、年齢よりも老けて見られてしまうことも簡単なのです。

ターンオーバーは細胞の生まれ変わり=新陳代謝と密接な関係がある為、不規則な生活をしない事が関わって来る為、仕事などで難しいと思う方も多いかと思います。でも少しずつでも良くする事で、必ず肌は変わって来ますから自分を大切にしてくださいね。

肌の細胞は死ぬ最後の最後まで、肌を守ろうと必死でバリア機能になって去って行くのですから、そんな健気な肌を少しは助けてあげて欲しいなと思います。自分を大切にする事が肌をきれいにする事にも繋がりますよ。

スポンサードリンク



関連記事

  1. 生コラーゲンとは何?効果と知っておきたい副作用
  2. 肌質診断チェック 肌質診断チェック!わからないなら調べて改善!お肌を変えて美肌へ
  3. 毛穴黒ずみ取れない 毛穴の黒ずみが取れない理由は?ケアと除去方法の間違いが原因?
  4. メラニン毛穴 メラニン毛穴とは?治し方と改善方法 原因や画像は?
  5. 泡洗顔泡立器 洗顔泡立て方のコツは?100均のネットより泡立器が◎固形もOK!…
  6. クレンジング種類特徴 クレンジングの種類と特徴や肌負担は?おすすめはメイクと肌質に合わ…
  7. 肌の乾燥を防ぐオイル 身体の乾燥を防ぐにはベビーオイルは効果的か?
  8. 身体の乾燥防ぐ食べ物 身体の乾燥を防ぐ食べ物や栄養素は何がおすすめで何が悪い?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP