美容健康

生コラーゲンとは何?効果と知っておきたい副作用

コラーゲンは知っている人も多いと思いますが、生コラーゲンってどんなものなのでしょうか?流行りの生◯◯どの業界でも人気ですが、生コラーゲンは効果があるから人気なのでしょうか? また知っている人は知っていますが知らない人は知らない、コラーゲンの副作用。知らずに使用すると副作用が起きる場合がコラーゲンにはあるのです。

気になる生コラーゲン。効果と副作用をシッカリ理解して取り入れてみてください。

スポンサードリンク



生コラーゲンとは何?どんなもの

生コラーゲンとは何

生コラーゲンとは肌の中に存在するコラーゲンと同じ構造をしたコラーゲンのことで、美容液等に含まれているのは、Ⅰ型やヒト型と言われています。他にもⅡ、Ⅲ型があり、II型は関節・軟骨に含まれ、III型は臓器に含まれている為、美容関係には使われていません。

Ⅰ型やヒト型コラーゲンは肌の弾力や水分保湿、ハリを与えているコラーゲンで、3重らせん構造になっている為、周りの水分をぎゅっと掴んで離さない構造なので保湿効果が高いと言われています。

生コラーゲンでは無い普通のコラーゲンと言われるものは、3重構造で無いために保湿力はあっても生コラーゲン程保湿力はありません。生コラーゲンはコラーゲンの2倍の保湿力があると言われているので、美容関係では生コラーゲンが人気なのですね。

もともとコラーゲン自体は保湿効果がある為、コラーゲンは保湿効果が高いし肌に効く!と思われているのですが、この様な理由から生コラーゲンを使うともっと肌の保湿力が良くなる為、こぞって生コラーゲン配合を歌っているのです。

しかしコラーゲンは分子が大きく肌に浸透出来ないと言われていますが、そこまで生コラーゲン!と言う程の効果はあるのでしょうか?

スポンサードリンク



生コラーゲンの効果は本当にあるの?

コラーゲンには大きく別けて下記の3つのタイプがありますが、構造の違いや保湿力、使われているものによって別けられています。

加水分解コラーゲン   保湿力 低い
ゼラチンコラーゲン    ↕
生コラーゲン      保湿力 高い

保湿力が高いのは生コラーゲンが1番で追って、ゼラチン、加水分解の順で保湿効果が大きくなります。分子は水に溶けやすくした加水分解が1番小さいのですが、保湿力は生コラーゲンには劣ります。

では生コラーゲンの本当の効果とは何なのでしょうか?コラーゲン自体は元々保湿効果がある為、保湿効果はもっているのですが、これが角質層まで浸透する程の凄い保湿効果があるかと言えば疑問です。

何故なら分子が大きく肌に浸透しないからです。その為肌に高い保湿効果はありますが、角質層まで潤うのとは違います。生コラーゲンは角質層まで潤う保湿効果と勘違いしない方が良いかなと思いますよ。

角質層まで潤う成分はまた違うものになります。また生コラーゲンはエラスチン、ヒアルロン酸と一緒に使うと効果がUPします。理由はコラーゲンの構造がエラスチン、ヒアルロン酸の3つと一緒に合わさった構造をしている為です。

この様な理由で、もし生コラーゲンが入っている化粧水や美容液を購入する際は、一緒にエラスチンとヒアルロン酸が入っているものを選んだ方が保湿効果は高いと思います。

その為生コラーゲンの効果とは肌の保湿効果が良い事であり、角質層までは浸透はしない。と言う結果になります。では気になる副作用について見て行きましょう。

生コラーゲンの副作用とは

生コラーゲンやコラーゲンを調べると副作用と言う言葉を目にします。コラーゲンには内側から取るコラーゲンと外側から取るコラーゲンがありますが、そのどちらとも副作用が起こる人には起こります。

主な副作用はアレルギーです。アレルギーと言っても人それぞれ症状は違いますが、蕁麻疹やかゆみ、赤くなるなど様々です。この副作用の原因はコラーゲン自体がタンパク質で出来ている為。

アレルギーはタンパク質が原因で起こりやすくなります。型が違うタンパク質が入って来るとよそ者が来た!と攻撃しアレルギー反応が起こります。これは全ての人に起こるわけでは無いのですが、アレルギー状態が強いアトピー性皮膚炎の人には起こりやすくなり、またコラーゲンが副作用の起こりやすいものとして認識されている為、妊婦さんや授乳中など薬を飲んではいけない様な状態の人には、注意が必要です。

もしアレルギー反応が出た場合は、薬で抑えなければならない可能性があるからです。しかしかなり多数の人に副作用が出るならコラーゲン自体販売規制が掛かる筈です。今はその状態ではありませんので、そこまで副作用が出ると言う訳では無く、副作用が出やすいので気をつけてと言ったニュアンスが強いです。

その為、アレルギー持ちの人は少しコラーゲンを摂取する場合は気をつけてください。またコラーゲンを取るとニキビが出やすいとも言われていますが、これははっきりした事実は無いようです。

しかし温度など品質管理された生コラーゲンは保湿効果がありますので、もし使ってみたいと思う場合は、コラーゲンを含む商品にどんなものがあるのか、内側と外側から摂れるコラーゲンの効果を見て行きたいと思います。

スポンサードリンク



関連記事

  1. カイリジュメイ カイリジュメイの匂いや発色日本限定色やパッケージは?
  2. クレンジング種類特徴 クレンジングの種類と特徴や肌負担は?おすすめはメイクと肌質に合わ…
  3. メラニン毛穴 メラニン毛穴とは?治し方と改善方法 原因や画像は?
  4. 泡洗顔泡立器 洗顔泡立て方のコツは?100均のネットより泡立器が◎固形もOK!…
  5. 柿の葉茶 柿の葉茶が花粉症に効く!味や口コミを調査!
  6. 柿の葉茶 柿の葉茶の効能と副作用は?妊婦さんにも安心なお茶
  7. ホホバオイル効果効能 ホホバオイルとは?シミへの効果効能や使い方とおすすめの価格帯は?…
  8. 乾燥対策肌スプレー 乾燥対策は肌にマスクとスプレーをする事で本当に効果があるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP